都内で手作り指輪が増えている? - 東京でエンゲージ指輪を探すなら

都内で手作り指輪が増えている?

手作り指輪というサービスの存在を知っていますか?
結婚指輪や婚約指輪と言えば、一般的に熟練の職人が一流の技術を駆使して作り上げているイメージがありますし、実際にそのようにして手作りされています。
その為か自分達で指輪を作ることができる手作り指輪というサービスのことを、知らない人達がとても多かったのです。
しかし最近は、指輪を作った経験がない素人の二人を、知識と経験が豊富なスタッフがサポートして、自分たちで指輪を作るサービスが人気になってきているのです。
その為、手作り指輪というサービスを提供するショップや工房が、東京だけではなくて日本全国でどんどん増えてきているのです。

このような変化が若者達の心に起こっているのは、単にお金をだせば買える指輪ではなくて、大切な人が作ってくれた指輪に価値を感じる人が増えてきているからと考えられます。
例えば、有名なお店で買ったお弁当と大好きな人が作ってくれたお弁当のどっちがおいしいお弁当かと言えば、味は正直有名店のお弁当の方がおいしいことでしょう。
しかし、塩味が少し強くても、少し煮崩れしている煮物でも、少し焦げてしまったお肉であっても、大好きな人がつくってくれたお弁当が一番です。
このように大好きな人のお弁当を選ぶのと同様のことが結婚指輪にも言えることで、その為二人で手作り指輪を作りたいと考える人が増えてきているのです。

つまり、二人で指輪を作るというのは特別なことではなくて、極普通の結婚指輪の選び方になってきているのです。
ただ、このように手作りしたいという方が東京でも増えてきていて、それに伴いお店もどんどん増えてきているので、どこで作るのかお店を選ぶことも大事なポイントになります。

どのような点でお店を選べば良いのか?
このように自分達で手作りする指輪のお店も、東京でどんどん増えていて簡単にサービスを利用することができるようになっています。
しかしその反面で、イメージしている指輪はこんな感じではなかったといった声も多少聞かれるのも確かで、このようなことにならないためにもしっかりとお店を選ぶ必要があります。

そもそも知識や経験のない素人が自分達で指輪を作るというお店の歴史は浅くて、お店側もどうやって作るのか、どのようにしどうすれば良いのかなどを認知していないケースも少なくないのです。
職人による手作りされる指輪があるのですから、素人であっても自分達で作る行為自体は問題ないことですが、作り方の手法を知らない人をどのようにサポートするのか問題なのです。
ですから、このサービスを利用するにあたってお店を選ぶ際に気を付けたいことは、熟練の職人よりも教えるのが上手な人がいるかどうかです。
この1点を重要視してお店選びをすれば、都内で手作り指輪を作っても後悔するリスクは少なくなります。

実は、指輪を手作りするといったサービスが人気になってきたことから、このチャンスを活かしたいと気軽にはじめるお店も少なくないのです。
そのようなお店では、一生の宝物になる指輪を上手に作れるかどうか不安の中で、初めての指輪つくりに挑戦する人を適切にサポートすることはできません。
作ることが上手な人がお店にいたとしても、教えるのが上手な人でないと、初めて挑戦するカップルを楽しくサポートしてあげることはできませんし、楽しい思い出にしてあげることもできません。

あくまでも主役になるのは、はじめて指輪づくりに挑戦する二人であって、その二人を支えながら手伝ってくれる人に求められるスキルは、サポートが上手で教え上手な人です。
お店を選ぶ際には教え上手なスタッフがいるお店を選ぶことがおすすめで、その為にも口コミなど様々な情報を参考にして都内でお店を選ぶことです。

実際どのような方法で作るのか?
職人が手作りする場合でも彫金的な手法と鋳造的な手法の2つが主な方法で、二人で手作りする場合も同様に2つの手法が採用されています。
彫金的作り方というのは太古の時代からあった技法で、金属を叩いたり曲げたりして形を作っていくやり方で、その為繊細なデザインに仕上げることは不可能です。
その為、拘りのあるデザインを希望するカップルにとっては、不満につながる可能性が考えられるのですが、比較的安い価格で作ることができます。

鋳造的作り方というのは、モデリングワックスと呼ばれるロウのようなものを使って原型を作って、それを基にして型を作り金属を流し込んで作る方法です。
経験のない二人にとっては非常に難しい作業になりますが、彫金的作り方と違って複雑なデザインにすることが可能でデザインの表現性は高くなります。

どちらの方法にしてもサポートしてくれるスタッフが上手であれば、二人が希望する指輪を作ることができます。
つまり、都内で手作り指輪を作る際に一番重要になるのは、しっかりとサポートしてくれる専門スタッフが在籍しているお店を選ぶことです。
この点さえ間違わなければ世界にひとつの二人の宝物となる手作り指輪を作ることができます。
手作り指輪

新着情報

結婚指輪に刻印を入れる時には?

結婚指輪にオリジナリティを持たせたい

結婚指輪にオリジナリティを求めるなら、おすすめは「刻印」です。結婚指輪にメッセージを刻み込むことにより、本当の意味で「世界に1つだけの結婚指輪」となるでしょう。
結婚指輪に刻印を入れる人の割合は、かなりの数になります。とある国内ブランドの場合、刻印を希望する人の割合は8割以上。結婚指輪にかける思いは、相当なものです。
≫ 『結婚指輪に刻印を入れる時には?』

結婚指輪をネックレスにして

四六時中身につけたい結婚指輪だけど…

2人で愛情込めて作り上げた結婚指輪。できるなら四六時中身につけたいと、思うものです。しかし現実は、甘くありません。飲食店や衛生面が深く関わる仕事をしている場合、結婚指輪を外すことが推奨されています。
衛生が全く関わっていない仕事であっても、仕事内容によっては「指輪は相応しくない」とされている所も少なくありません。結婚指輪をずっと身につけたいと考えているのなら、取るべき方法は「転職」でしょう。でも転職をしなくても、指輪を身につける方法はあります。ズバリネックレスです。
≫ 『結婚指輪をネックレスにして』

奇跡を祝福してペアの結婚指輪を

奇跡を祝福する

70億以上いる中で2人が出逢い結ばれるのは、奇跡としか言えません。2人が結ばれた奇跡を象徴するのが、結婚指輪。だからこそ結婚指輪も、ペアのデザインを選びたいものです。とはいえ、ペアになっている結婚指輪は意外とたくさんございます。
あるブライダルサイトが実施したアンケートによると、男女ペアの結婚指輪を選んだ夫婦は、全体の8割以上になりました。他の夫婦も2人同じものをと考えているのでしょう。「ペアの結婚指輪」と一言言っても、色んなタイプのものがあります。ではどういったものがあるのか、覗いてみましょう。
≫ 『奇跡を祝福してペアの結婚指輪を』

結婚指輪を傷つけないために保護カバーを買おうとしているけど…

ネットで売られている保護カバー

大手ネットショッピングサイトにて、結婚指輪の保護カバーが売られています。シリコン製となっているので、耐久性は抜群。上から指輪をかぶせることにより、結婚指輪を衝撃から守ることができます。需要が高いのか、品切れ状態が続いています。
結婚指輪に万が一のことがあった場合、ブランドのアフターサービスを活用すれば、問題は解決です。しかし何とかなるとはいうものの、気持ち的に良いものではないのも事実でしょう。
≫ 『結婚指輪を傷つけないために保護カバーを買おうとしているけど…』

結婚指輪に使うジュエリーはダイヤモンドだけ?

結婚指輪の定番ジュエリーはダイヤモンド

結婚指輪に使うジュエリーとして、定番になっているのはダイヤモンドでしょう。言わずと知れた、宝石界のキング。地球上もっとも硬い鉱物から、何がっても壊れない2人の絆を意味しています。
ではダイヤモンド以外のジュエリーを結婚指輪に使うのは、タブーなのでしょうか。万が一ダイヤ以外のジュエリーを結婚指輪に使ったら、何が起きてしまうのかについても、探ってみました。

≫ 『結婚指輪に使うジュエリーはダイヤモンドだけ?』